healing space mamy

会社で間違っている事の指摘をするのが辛い

30代の女性。いつも会社での立場から人に忠告したり間違っている事の指摘を
することが多いAさんは自分の立場や言動に辛さを覚えていました。
「なぜ私がこんなに言わなくてはいけないの?」
「人に忠告してばかりいたら怒っている人と思われてしまう」
「会社で煙たがられてしまう」・・・・等々
フォーカシング、問いかけで潜在意識の旅が始まります・・
色々な想いの中から出てきたのは「自分の気持ちを分かってもらえない無力感
I’m パワーレス」
大切にされていない、価値がない、存在する意味がない等々・・・
そこで出てきた場面が小学校のころにお母さんに門限を守らずに怒られた場面・・・
ソフトボール部で探し物をしていてどうしても時間が守れなかった理由を聞いてもらえずに
怒られた場面でした・・・信じて貰えない悲しさ、無力感・・・そこにマトリックスリインプリンティング
登場です。
お母さんにその時の気持ちを大人になったAさんが幼い自分と共に代弁しお母さんと
深く深くお話出来ました。お母さんと話している場面では沢山の涙が・・・

そこで誤解や伝えたかったことがしっかり伝わりお母さんもごめんねと通じ合いました。
20年以上の時を経てこれらの感情がすぅ~っと解放出来た後にこの安心感、幸せ感を
刷り込みます・・・
クライアントさんからのセッションの感想です。

年齢を重ねるごとに、人間関係や恋愛の問題など、ひどく悩み落ち込む事が多くなり
生きづらさを感じていました。
気が付くと、心は悲しくて悲鳴をあげているのに、泣きたいのに涙が出ない事も多々ありました。
どうしていつも人生が上手くいかないのか?必死になって原因を探していました。
そんな時にMRと出会いました。
会社での人間関係をお題にセッションをお願いしました。
ますみさんの誘導により、沢山の思い込みや、普段思い出すことのない子供の頃の出来事に辿り着きました。
子供の頃の私は、母に頭ごなしに怒られた事にとっても傷ついていました。
そんな風に傷ついて、それを未だに引きずっていたなんて、
私自身思ってもいませんでした。
自然と涙がポロポロと流れてきて、蓋をしてしまった感情がどんどん解放されていくのを
感じました。
大きな安心感に包まれ、自分自身の深くにあった思いに気が付いたことに安堵の気持ちが湧いてきました。
 
セッション後は、あんなに苦しかった事や、今まで気になっていたことが
大して気にならなくなり、周りに対する見え方が変化しました。
心がとっても楽になり、私の変化に周りの人達も驚いているかもしれません。
自分を苦しめていたのは、自分自身の奥深くにあった思いであったのだと
気が付くことが出来ました。
ありがとうございました。

関連記事

  1. 自分のなかにある『めんどくさい』気持ち【3】

  2. 「やりたいことは何ですか?」→お金の悩み編

  3. 「やる気のない親子」と思われたくない

  4. 父の最後から見えた本当の私の姿♪

  5. 辛い時は必ず「自己否定」がそこにある

  6. 人に頼れない人集まれ~♪

  7. 私をじわじわ消耗させる人

  8. なんか抜けた…!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブログ